All for One〜太陽王とダルタニアン〜

f:id:oukakreuz:20171004205744j:image
貸切公演の観劇会にお誘い頂き観てきた。
楽しかったー!!


そうそう、私はこういうイケコが見たかったんだよ…!オーシャンズ11エクスカリバーみたいなドタバタラブコメを!!
最近のイケコ、シリアスな作品だと「いやいや設定おかしいでしょ」とか「真面目な場面でなんだその少女漫画台詞は…」とか思ってしまうこともあるけど、ここまでぶっ飛んでたら逆に何も気にならない。突っ込んだら負け、どんどんやってくれという気分になる。

ちゃぴちゃんが相変わらず最高だった。
元男役なだけあって、ルイとして登場した時には「今回は男役なのかな?」と一瞬思わせるくらい声もばっちり青年でお上手。ルイーゼの面が出てきてからはもう天使、妖精、お姫様。本当に可愛い。とにかく可愛い。
たまきちのダルタニアンも生まれながらヒーローって感じで素敵だった。たまきちは足も長くてお顔も綺麗なんだけど、立ってるだけで絵になりますな美術品タイプのトップさんじゃないというか、お若いからかな?いつも頑張ってます!という感じがみずみずしいというか、ぐっとくる…。(と書いてから自分の発言の年寄り臭さに引きました)
ちゃぴちゃんとの関係性も、グランドホテルに引き続き娘役優位というか、「無自覚に振り回すお姫様と愛を捧げる騎士」な感じで、主←←従カップルが好きな私は大変萌えました。壁ドンとか、胸を触って男装に気付くとか、何時代の少女漫画だよ…!というベタさもしっくりきていた。

みやるりも良かった。グラホで随分上手くなったなあ!とびっくりしたものだけど、今回は更に良くなってた。歌も演技も安定感があって、相変わらずの美形。イケメン修道士のシーンは似合いすぎてて声だして笑ってしまった。若いたまきちを脇で支えるベテランちゃぴとみやるり、という図が月組さんを安定させてる感じがする。
あとあと、月城かなとさんが月組に来たということで、舞台上にいる間ずっと私の視線を奪っていらっしゃいました。もうね、めちゃくちゃお顔が好きなんです、はい。美貌を生かしつつ、かなり美味しい役だったなあ。蒼紫さまオマージュの二刀流もおもしろ麗しかった。

月組さん、全体的にビジュアルがシュッとした綺麗系なのに皆さん違った方向でコメディエンヌの才能があって、呼吸が上手いなあと思いました。特にやっぱりちゃぴちゃんは、笑いを生み出す間合いが絶妙だな。卒業して欲しくないけど、卒業後の女優活動が楽しみ…と勝手に考えてしまう。

コメディエンヌといえば、強烈な存在感を放っていたモンパンシェ公爵夫人。歌も演技も笑いの取り方も完璧だなあ、こんな上級生の娘役さん月組にいたのか…と思っていたら、まさかの沙央くらまさん。こんな役までできちゃうのね!すごい。退団が発表されたのが寂しいけど、次作もぜひ行きたいなあ。

演出もイケコ節だし(2階席だったので余計に盆回しやせり上がりが全て見えて、その短距離のためにまた回すんかい!みたいなのもわかって面白かった笑)オリジナルなのに曲も結構良かったし。なぜか突然ラップとかクラブ音楽みたいなのが入るところも含めて、「イケコ…久々の原作なし2幕物作るの楽しかったんだろうな…もっとこういうのやってくれていいねんで…」という気分になった。

イケコに絶大なる恩義があるため、実はイケコの作品だけは映像含めデビュー作から全作品観ていて、ここ数年はもはや生徒でも組でもなくイケコ作品だけを追って観ている状態なんですがw本当に久々に「こういうの観たかった!!」なイケコでした。ありがとうイケコ。ありがとう月組さん。それぞれの次回作も楽しみにしています。