ハズラティヒズルモスクとバザールでお買い物 憧れのウズベキスタン#6

#5はこちら

www.oukakreuz.com

シャーヒズィンダ廟群にうっとりしたまま、ふらふらとアフラシャブの丘の方に散歩。人の流れに乗って歩いていたらモスクに辿り着きました。

ハズラティヒズル・モスク

f:id:oukakreuz:20190922225358j:image

綺麗に舗装された坂道を上がると美しいモスクが。

f:id:oukakreuz:20190922225402j:image

ガイド本によるとこの5本の柱が特徴らしい。元はゾロアスター教の寺院で、それを破壊したり立て替えたりを繰り返して今の姿になっているのだとか。

f:id:oukakreuz:20190922225349j:image

初代ウズベキスタン大統領カリモフさんのお墓もあり、参拝に訪れている人も多かったです。寺院の周りにはカリモフグッズを売っているおじさんも結構いた。笑

f:id:oukakreuz:20190922225354j:image

個人的に一番見所だと思ったのがこのバルコニー?テラス?から一望できる景色!緑が広がる庭園や遺跡の数々が見渡せて、異世界みたいだった。一つ一つの遺跡が大きいから、そこを訪れている時って他の建造物は全く見えないのだよね。こうやって全体を見られることが珍しくて楽しかったな。見渡す限りイスラムの世界で、高いビルとか全くなくて、アラジンの映画の中にいるみたいだった。入場料が必要だと書いてあるのにどこでも全くお金を払わされなくて、あれ???と思っていたらちょうど礼拝の時間だったみたいです。入れちゃって良かったのか? 

ショブバザールで買い物

f:id:oukakreuz:20190922230119j:image

ハズラティヒズルから歩いていくとサマルカンド最大の市場・ショブバザールが。広すぎて入り口がわからず、最初は裏門みたいなところから入ってしまった。これは入り口を見つけて入り直したところ。

私は海外旅行先でバザールやスークに行くのがめちゃくちゃ好きです。お土産から服飾品、食べ物までいろんな物が雑多に売られている感じとか、観光客も市民も利用できるのが見ているだけで楽しい。

f:id:oukakreuz:20190922230104j:image
f:id:oukakreuz:20190922230108j:image

ドライフルーツは量り売り。油断すると勝手に頼んでいないものまで入れて値段を上げてくるのでフレンドリーに「これも美味しいから入れとくね!」みたいなトークに頷いてはいけない。それはいらないから!欲しいって言ったやつだけ入れて!と交渉すべし。

f:id:oukakreuz:20190922230127j:image

生活雑貨ぽいものから

f:id:oukakreuz:20190922230123j:image

野菜や果物まで。果物を売っている人はみんな喋りながら自分でもぽいぽい摘んでいて、このゆるさがいいなぁ。
f:id:oukakreuz:20190922230115j:image

ナン。ナンは完全に市民用って感じだったな。みんなそのまま袋に突っ込んで持ち帰っているのが生活感があって面白かった。

f:id:oukakreuz:20190922230135j:image

ふらふらしていた時に出会ったこちらのお店。いかにもな土産物ばかり置いている店だったのだけど、店長の男性が面白いキャラで、置いてあるシルクストールも素敵だったので友人といくつかお買い物。

f:id:oukakreuz:20190922230130j:image

店長に見立てて貰って買ったストール。自分では選ばないピンク〜イエローのゆめゆめしいグラデーションなのだけど、顔周りが明るくなってとてもお気に入り。肌触りも良いのだけど、2,000円弱くらいかな?で買えました。イスラム圏に行くときはストールが必要になることが多いので1枚欲しかったんだよね。もちろん普段使いにも使えそう。

そしてこの店との出会いが、翌日以降の旅程に思わぬ影響を与えたのであった…。詳細は続く。