ジュエリー沼を覗いた女がオーダー指輪を作ってきたよ

完全にモノ消費よりコト消費派、ジュエリーなんて本物とおもちゃの違いもわからない自分には勿体無い‥と思っていた私がひょんなことから覗いてしまったジュエリー沼。

www.oukakreuz.com

石ってこんなに可愛いんだ!デザイナーズブランドってこんなにたくさんあるんだ!と感動しつつ、気軽にホイホイと買えるような額のものでもない&一点物が多いため、主に写真や展示を見てうっとりすることで満足していました。

www.oukakreuz.com

そんな私が、「いつか初めてリングを買うならここがいいな」と思っていたのが、沼に落ちるきっかけとなったtatsuo nagahata(タツオナガハタ)さん。来年には30歳の誕生日も迫っているし、この機会に一生モノとしてジュエリーを購入しちゃっても良いのでは??と思い、ひたすらタツオさんの新作や他ブランドでも好みのリングを探しまくりましたが、しっくりくるものが見つからないor一般販路では買えないということが多く。いくつか気になる石やブランドは見つかったし、今選べる中で一番好きなものをとりあえず記念に買っちゃおうかな、と思っていた矢先に‥当選してしまったのです。tatsuo nagahataさんのカスタマイズオーダー会(通称COD)に!!!

※カスタマイズオーダー会とは

既製品ではなく、ルース(石)とデザインを選んで自分用にジュエリーをオーダーできる催し。数種類の決まったデザインパターンから選べるセミオーダーという形式もあれば、デザイン画を一から作っていくようなフルオーダーもあり、デザイナーさん本人とお話しできることも。ご自身の店舗やオンラインで常時注文を受け付けているデザイナーさんもいらっしゃいますが、百貨店のジュエリーフロアやセレクトショップのイベントとして不定期にオーダー会をされている方が多い。そしてほとんどの場合は不定期ゆえに次にいつ開催されるかわからず、告知をチェックし続けるしかないのである!

今回私が申し込み、当選したのは吉祥寺にあるWild Roquette(ワイルドロケッタ)さんというジュエリーのセレクトショップ。

f:id:oukakreuz:20181005141842j:image

tatsuo nagahataさんはじめ私の好みのブランドを取り扱っていらっしゃるので、普段からinstagramをチェックしていました。オーダー会の告知を見てすぐに申し込んだものの、毎回かなりの倍率と聞いていたので当選できるとは思っておらず、連絡が来た時は本当に飛び上がるほど嬉しかったです。まさか既製品を買う前にフルオーダーの機会に恵まれるなんて…!恐れ多いと思いつつも、これはもう運命でしょ!!

当日の流れ

今回は自分に与えられた枠時間(1.5時間くらい)の間はお店がほぼ貸切状態となる贅沢なオーダー会。ルース選び→デザイナーのタツオさんご本人とデザインやオプション相談→会計という流れです。前後の30分には違う方の枠も重なっているので、時間配分が非常に大事。お店の方によると、一番時間がかかるのはルース選びで、石さえ決まればそれに合わせたデザインを考えられるので、まずはビビッとくる石を探してください!とのこと。

そして実際、私もルース選びに一番時間がかかりました。だってこんな量が並んでるんだよ。

f:id:oukakreuz:20190321210352j:image

どーーん

f:id:oukakreuz:20181005141830j:image

もうね、お店入ってこの机を見ただけでテンションMAXです。こんなに大量のルースが!!私に選ばれるためだけにここに並んでいる!!!なんて贅沢な時間なんでしょう。

実はオーダー会の参加当選が決まった時点で、お店から「見てみたい希望のルース(色や石名など)があればリクエストできますよ」とご連絡も頂いています。完全に希望に添えるかはわからない&自分より前の枠の方が買ってしまった場合はもちろん見られないんですが、私は自分がジュエリー沼に落ちるきっかけとなった「バイカラーの石」はリクエストさせて頂いていました。
しかしまあ当然ながら、実物を目にすると気になるものはどんどん増えちゃうんだな〜これが!!

f:id:oukakreuz:20181005141820j:image

↑「すぐに選ぶのは絶対に無理だから、まずは気になったものを全部トレイに乗せてみてください。そこから絞っていきましょう!」と言われて乗せてみたトレイ。気になったものが多すぎる。

今回のオーダー会では一人最高2点までオーダーができました。私は予算だけあって個数は決めていなかったんですが、この時点で2つまで絞るのも相当難しそうだな…という予感が。

ここからはトレイに乗せた気になった石を絞っていく作業。指の上に乗せて、光を当てた時の色や輝きも見ていきます。これがまたテンション上がるんだなーー。

f:id:oukakreuz:20181005141826j:image

なにこのキラキラ!!!!ほんとーーーに可愛い。可愛い。ちなみに動画も撮りました。ジュエリー初心者なのもあり、ついわかりやすくギラギラしている石に目が吸い寄せられちゃってたんですけど、

f:id:oukakreuz:20181005141836j:image

意外とオパールとかも可愛くて!!この浮遊色にうっとり。

f:id:oukakreuz:20181005141848j:image

あいほんカメラでこのウルウル感…。かわいいかわいい。

f:id:oukakreuz:20181005141852j:image

こちらはリクエストしていたバイカラーのトルマリン。はああやっぱり可愛い。でも他の石で青と白のバイカラーとかも可愛かった…。

悩みに悩んで更にここまで絞りました。

f:id:oukakreuz:20181005141817j:image

ご覧の通り、色だけでなく石の形、カット方法や大きさも全然違います。ここからはタツオさんともご相談しながら、「この石ならこのデザインができるよー」みたいな話を伺いながら選択していきます。(上記のルース選びの間も、タツオさんやお店の方が「あー可愛いねー!」「その石が好みだったらこういうのも好きだと思いますよ」と新たな候補を出してきてくださったり、ずっとお喋りしながらの時間でとても楽しかったです。)

f:id:oukakreuz:20181005141828j:image

こちらが指輪のサンプル型。どの指に合わせたサイズにして、どんなデザインにしていくのか、実際にサンプルを指にはめて石を乗せながら考えていきます。
例えば大ぶりな石であれば存在感があるのでシンプルなデザインがいいかなとか、ラウンドの石は周りに装飾をつけるのも可愛いねとか。事前にタツオさんの過去作品は全てチェックする勢いで作品集やSNS投稿を何百と見て「大体こんな感じのデザインで作りたいな」と当たりをつけてはいたんですが、いざご本人から「このルースならこんなのもできるよ」とご提案頂くとどれも欲しくなってしまってなかなか決まらず。

しかし時間に限りもあるし…ということで最終的にえいやと決めたのがこの2粒。

f:id:oukakreuz:20181005141810j:image

初志貫徹でバイカラートルマリンと、その圧倒的なギラギラと深い蒼色に一目惚れしたブルージルコン。(名前から勝手に人造石のジルコニアのことかと思ったんですけど、ジルコンは全く別の宝石らしいです。)

f:id:oukakreuz:20181005141813j:image

バイカラートルマリンの方は4粒あったので、その中で希望順位をつけました。加工中に割れてしまったりすることもあるそうで、第二希望まで選びます。色の濃さやグラデの感じ、気泡の入り方などをじっくり見て決断。

石が決まればあとはデザイン。タツオさんの場合はルースの値段(各ルースの裏に書いてあるので、選ぶ際にも明らかに予算オーバーなルースは外せます)にシンプルなデザインのリング加工費用まで含まれているので(良心的!)あとはどの程度のプラス予算で他の石や彫りを入れて凝ったデザインにしていくかのご相談です。
私はせっかくの一生に一度あるかどうかの機会&30歳記念の予定だったので、とにかく自分の好みを全て詰め込んだリングにしたい!と思ってお願いしました。その結果決まったデザインラフがこちら↓

f:id:oukakreuz:20190321210230p:image

バイカラートルマリンの方は縦置きで、石の周りをぐるっと小さなダイヤで囲んで頂く。

f:id:oukakreuz:20190321210244p:image

ブルージルコンの方は横置きで、アームの部分に星型のダイヤの彫り込み(タツオさんの定番デザインの一つで、星好きとしてもずっと憧れていたもの)を入れて頂く。

タツオさんが目の前でさらさら〜とデザインを描いて下さるのも感動でした。絵の時点でもう可愛いよ〜!!!

完成するのは約半年後。オーダー時点ではざっくり見積もった金額の半額をお支払いし、完成後に実際にかかった金額から前金の差額をお支払いする、というシステムでした。作ってみないと使用するダイヤの数なども正確にはわからないもんね。そのため見積もりは多めの額で計算して下さっていて、完成後に想定外の額にならないように調整して下さっていました。ちなみに私は「リング2本の合計がハイブランドのバッグくらいの値段に収まればいいかな…若干オーバーしても値段を理由にデザインを我慢したくないなあ」くらいの予算感でいたんですが、蓋を開けてみたら全然そんな額にならなくて拍子抜けしました。お手頃価格のルースを選んでたみたい。というか、お高めの大粒エメラルドとかにも惹かれたんですけど、指に乗せた時に石の存在感が大きすぎて日常使いできるようなデザインが思い浮かばず見送り…みたいなことになったりしたのでした。

そして、5ヶ月後!!!!

完成のお電話を受けて、お迎えに行ってきました〜!!!

f:id:oukakreuz:20190321205944j:image

はい!!!!!!

f:id:oukakreuz:20190321205908j:image

か〜わ〜い〜い〜!!!!!!!

バイカラートルマリンさん。

f:id:oukakreuz:20190321205920j:image

かーーーわーーいーーいーーーー!!!!!!!
綺麗なグラデーションのウォーターメロンカラー!!ぐるっと囲んだダイヤがキラッキラ。グリーンとピンクどちらを上にして着けるか、気分によって変えてます。

f:id:oukakreuz:20190321205915j:image

そしてブルージルコンさん。

f:id:oukakreuz:20190321205903j:image

はあああ可愛い。ギランギランしてる。可愛い。そしてこのブルーとグリーンの混ざった海のような絶妙な色、やっぱりめちゃくちゃ好みだ。光が当たるともうちょっと軽い青になって、それも可愛い。アーム部分の星も可愛いよおおおお。

f:id:oukakreuz:20190321205912j:image

手元を見るたびににやにやしちゃう。

ということで、オーダー時点からめちゃくちゃ楽しかったんですけど、完成品を受け取るとさらに想像の10000000倍くらい大満足、というカスタマイズオーダー会でした。自分の理想形のリングを購入したことで、ジュエリーへの物欲はかなり収まり、何を見ても「家にいる子たちの方が可愛い」と思って我慢できるようになりました。ただオーダー会の時に出会った他のルースもあるし、選択しなかったデザインも着けてみたい…このリングに重ね付けできる子が欲しい…みたいな気持ちもあるにはあるので、沼に浸かってしまう…と怯えてます。(まあ、オーダー会はなかなか抽選には当たらないので大丈夫だと思うけど笑)

過去記事で紹介した他ブランドさんも定期的に全国でオーダー会をされているので、そしてオーダー会には秘蔵のルースもよく出されているので、とっておきの一つを作りたい!という方はぜひチェックしてみてください。また今回のレポートはあくまでも私が参加した回の話なので、進め方やルールについては都度確認してくださいね〜。素敵な出会いがありますように!