この冬のテレビ番組とか

 

この冬はテレビをちょこちょこ見てました。BS/CSは映らないし録画機器が超単純な外付けHDDしかなく、ディスクに焼けない・編集できない・録画中は他局が見られない・そもそも家にいない、ということでどんどんテレビ離れが進んでいるのですが、たまにテレビつけると世の中こんな感じなんだな〜とわかって面白いですね。

獣になれない私たち

けもなれ、久々に全話見たドラマでした。野木さんの脚本が大好きなもので…。
ガッキー演じる主人公の職場がブラックすぎて心折れるとか話が進まなさすぎてイライラするとか言われまくってたけど、総括的には優しいドラマだったなあと思う。どんな立場の誰のことも否定しないというか。
恋愛がメインでないドラマは増えつつあるけど、ヒロインとその相手役がくっつくか明確にならない上に、お仕事ドラマだったのに二人とも無職になって終わる、ってなかなか斬新ではなかろうか。ラスト、全員で店の周年を祝うのかと思いきや二人は別な場所で好きなだけ飲むというのもよかったな。あと配役が絶妙だった。特に菊地凛子と黒木華。正体を引っ張った橘カイジが飯尾さんなのも意外性あって面白かった。橘夫妻の結婚観はとても共感できたし、結婚がメインの話ではないもののそこらへんの社会圧にもさらりと触れていて良かったな。

f:id:oukakreuz:20181226165523j:plain

しかし後半どんどん新垣結衣と黒木華の百合になっていったのが一番目が離せなかった。田中圭が当て馬でしかなかった。一人の男を挟んだ元カノ・今カノの関係性ってもっといろんな創作物で見たい。

まんぷく

「あさがきた」以来に朝ドラを見てます。一話から欠かさず見てるという点では「あまちゃん」以来かな。超地元が舞台&安藤サクラと長谷川博巳が主演ということで発表から楽しみにしていたんだけど、期待を裏切らず面白い〜。朝ドラってストーリーが遅々として進まないので週に1回でいいや…となって離脱しがちなんだけど、話がだれず、しっかり笑いどころを作りつつ、定期的に豪華キャストの新キャラが現れるのも楽しい。

f:id:oukakreuz:20181226182958j:plain

安藤サクラ演じるヒロイン福子ちゃんが、天真爛漫だけど天然ではなく、暴走して明後日の方向に突っ走ることもなく、しっかり者で愛情に溢れていて、朝からイラっとさせられないヒロインなのが非常に良い。(朝ドラはこのタイプのヒロインが多くて疲れる…)そして長谷川博巳の萬平さんがとにかくかわいい。経営者としてはどうなんだと思う場面は多々あれど、かわいい。レギュラー出演している福子の姉夫婦やお母さん、会社の社員たち、善人ではないのに憎めない世良さん、瀬戸康史(もはやNHK御用達)や菅田将暉もよい味。今後の展開も楽しいのがわかっているのでゆるゆる見続けるつもり。

FNS歌謡祭

近年のFNS歌謡祭はミュージカルコーナーというやつがあるので見てます。今年はキンキーブーツとキューティブロンドのパフォーマンスがあると聞いて2週連続で録画した。編集できないので10分ほどのコーナーのために数時間分の録画がそのまま残っており、ハード容量を圧迫している…。

キンキーブーツは久しぶりに動く三浦ローラと小池チャーリーと仲間たちが見られて幸せでした。「レディース&ジェントルメン、そしてまだどちらか決めかねているあなた!」を地上波でやってくれることに泣いた。Raise you up!/Just beだけだと思っていたらローラの世界もあって嬉しい!!いやー、仕上がってたなあ。三浦ローラが初演時よりこなれた感じの美女になっていて大変素敵だった。キューティブロンドも2曲やってくれて嬉しい。キンキーもキューティも観ると本当に元気のでる作品なのでみんなに観てほしい。

別にそこまでテレビ向きではないM!が常連になっているのは育三郎の功績が大きいんだろうなと思う。あと最近だと乃木坂の生田さんかな。生田さんはコンスタンツェよりジュリエットとかコゼットの方が圧倒的に似合っているのでやはり女優<<<アイドルなんだよなあ。ていうかコンスタンツェなら前週に出ていたソニンちゃんにも歌わせて!平野綾ちゃんと強い系コンスのデュエット見たい!と思ったり、僕こそ音楽を城田くんが歌っていてこれはこれでいいけどアッキーがいるんだからアッキーに歌わせてー!!と思ったり(よく考えたら育三郎もよしおもいるのすごかったな)、でもアッキーがPOTOを歌い出してなにこの謎の豪華さは!!と思ったり(濱めぐクリスティーヌはすでにオペラ座の女帝のようだった)、とにかくミュージカルオタク的にも非常に豪華で楽しかったですね。新妻聖子ちゃんの私だけにも超良かったな…ていうか歌番組でエリザって結構レアだしトリだったし、東宝エリザに新妻さん出演きたらいいなあああと思ってたけど夢やぶれましたね…。いや、ちゃぴちゃんのシシィはすごい楽しみなんだけどそろそろ宝塚OG枠じゃないシシィも見たいよー。しかし古川さんはテレビ映えするし来年あたりトートのテレビ出演もありそうですよね。

旅する外国語

NHKの旅する外国語シリーズを録画して見てます。主に夫と食事している時にランダムに流し見する感じ。フランス語、ドイツ語、イタリア語を録画しているんだけど、特によく見ているのはフランス語。黒木華ちゃんがパリやリヨンを旅しながら毎回美味しそうなものを食べていて、出てくる言葉も注文の仕方や食材、ワインなんかに関するものが多い。さすがフランス。(ちなみにイタリア語はファッションや車の話題が多い。)フランス語はナレーションが千鳥のノブで、あの間延びした声で「わあ、なんて美味しそうなシュー・ア・ラ・クレーム!」なんて言ってるのもじわじわ面白い。ギャップを狙ったキャスティングなのだとしたらNHKさん正解です。

ドイツ語担当の俳優さんは2年目らしく、街の人とのやり取りでもかなりスムーズに聞き取れているのが見受けられて「語学って続けてるとちゃんと伸びるんだなあ」とわかって嬉しくなったりする。NHKの立場的にまず無理だろうけど、台湾を旅しながら中国語を学ぶ番組もやってくれたらいいのになあ。

行ったことがある場所が出てくると懐かしくなるし、出てくるフレーズも簡単なものが多いので夫と繰り返して言ってみたりして、なかなか楽しい。真面目に勉強をしているわけではないのでほとんどは定着しないその場限りの知識なんだけど、知らない言葉に触れるのって楽しいよね。あと当然のことながら旅したくなる。

ところで最近のテレビ、なにかと平成最後、って言い過ぎじゃないですか。ここまで最後最後と言われるとみんなそんなに平成意識してたの!?と言いたくなる。まあ譲位というイベント自体が数百年ぶりのことだから、こんなに明るい元号の終わりというのも珍しいんだろうけど。年が明けたら平成総まとめ●●みたいな番組いっぱいやるんだろうなー。