女子旅ウラジオストク#3 海岸通りを散歩、そして財布を盗られる

#2はこちら

www.oukakreuz.com

ルースキー島から再びバスを乗り継ぎ、ウラジオストク市内に戻りました。
魚を見て高まったシーフード欲を満たすよ!

アムール湾を眺めながらシーフードランチ
f:id:oukakreuz:20180723214643j:image極東ロシアといえば海鮮らしいので本と雑誌両方で推薦されていた海岸沿いのこちらのお店に行ってみました。灯台をモデルにした外観が可愛い!

www.tripadvisor.jp

観光客向けっぽいお店だけど、せっかくなら海が見えるところで食べてみたかったのです。
f:id:oukakreuz:20180723214553j:image
f:id:oukakreuz:20180723214517j:image内装も可愛い〜。ペリメニの店といい、ウラジオの飲食店はなんでこんなに内装が可愛いの?
f:id:oukakreuz:20180723214539j:imageボイル蟹!二人だったので足だけにしました。一杯で注文することも、グラム単位で注文することもできるみたい。
f:id:oukakreuz:20180723214529j:imageホタテ〜
f:id:oukakreuz:20180723214525j:imageサーモン〜
f:id:oukakreuz:20180723214534j:imageシーフードのパスタも。美味しかったです。値段も思っていたよりリーズナブルだった。(というかウラジオの食事単価がかなり安いので、一人1000円くらいでお腹いっぱい食べられて、ヨーロッパにいると思うとかなりお得。)

海岸通りを散歩

f:id:oukakreuz:20180723214544j:imageお店のあったアムール湾沿いの海岸通りを散歩。お天気も良くて気持ちいい。
f:id:oukakreuz:20180723214549j:image
f:id:oukakreuz:20180723214647j:image自転車を練習してる人たちを眺めたり
f:id:oukakreuz:20180723214522j:imageビーチは広くはないけど、海水浴を楽しんでいる人たちもいました。気温が30度くらいで湿気もなくカラッと晴れているので、水着で横になるのは気持ち良いだろうなー。
f:id:oukakreuz:20180723214638j:image噴水で寛ぐ人々。露店も出ていました。
f:id:oukakreuz:20180723214651j:image噴水の前にいたくまたちがあまりに可愛くて、お金を払って一緒に写真を撮ってもらいました。そしてこの数秒後、

財布を盗られる

やられました。結構ひとり旅もしてきたし、割と旅慣れているつもりだったけど、油断してましたね。お腹いっぱいで気が抜けてたなー。反省。

ちなみに、盗られた瞬間はすぐにわかりました。このくま↑の近くにいた人にお金を払おうと財布を手にとって、肩から斜めがけにした鞄に戻し、チャックを閉め切る前に歩き出して、3秒後くらいに違和感があって(たぶん鞄に手を入れられたんだと思う)、ぱっと見たら財布がなかった。

財布を盗られたことにすぐに気付いたので、慌てて鞄の中を見たけどパスポートとビザは無事。(この2つはロシア滞在中は常に携帯が求められます)それでかなり心理的には楽になりました。なにしろロシアなので、パスポートを失くすと予定通りに出国できない可能性も高いらしく。
盗られた財布の中にもクレジットカードの他は現金(ルーブル、円合わせて)2万円ほどと差し替えた日本のSIMカードしか入っていなかったので、旅行用の財布にしておいてよかったー、と冷や汗。
最近は現地滞在が数時間の海外修行もしていたので、そういう時は面倒で旅行用財布に入れ替えたりもしていなかったんですよね。免許証や保険証、会員カードなどなどが入ったお気に入りの普段用財布が盗られていたらめちゃくちゃ凹んでいた。。不幸中の幸い。

ということで、落ち着いてカード会社への連絡作業を最優先できました。
ただロシアSIMの携帯からは長時間の電話はできないため、その後の予定をキャンセルして一度ホテルに戻ることに。りこさんには部屋で休んでいただき(貴重な旅行時間をロスしてしまって本当に申し訳ない)フロントで電話を借りようとするも国際電話はかけられないと言われる。
同情したフロントのお兄さんがあいほんを貸してくれるも電話が途切れ途切れで繋がらない。どうしたものかと困っていたら通りすがりのロシア人のお兄さん(神)が「Skype使ったらいいよ」と教えてくれました。なるほど、Skypeだと国際電話が安く定額で使える!皆さん、海外旅行前にSkype入れておくといいですよ。
私は支払いに使用できるクレジットカードが盗まれて手元にないため登録ができず、PCを持ってきていたりこさんにお願いしてSkypeのIDを借り、5ドルの国際電話プランに登録し、各カード会社に電話。ついでにLINEモバイルにも電話してSIMカードの再発行も手続きしました。
そうして3社のカード停止&再発行とSIMカード再発行の手続きにかかった時間、トータル2時間。Skypeにもっと早く気付いていたら1時間くらいで終わっていたかも。カードは不正利用されていても遡って停止できるらしいし、切羽詰まってはいないとはいえ、さすがに気疲れしました。。 

とにかく今回は一人旅でなかったことがめちゃくちゃ救いでした。
パスポートとビザが無事で被害額も2万円ほどとはいえ、一人で完全に一文無しになっていたら残りの旅程どうしようと途方に暮れてましたね。英語もほとんど通じないし。
りこさんが残りの旅行中のお金は貸すし気にせず買い物とかしようね、と言ってくれたおかげで、この後も予定通りの旅行をすることができました。ほんとーーーにありがたい!!!

財布を盗まれておいて言うのも説得力が薄いですが、肌感覚でウラジオストクが今まで訪れたヨーロッパの街の中でも抜群に治安が良いな、と思ったのは本当です。観光地から出ていないのもあり、歩いていて緊張するようなエリアはなかったし。明らかに麻薬やってるっぽい人も見てないし。
というか、もっと見るからに治安が不安なところをたくさん旅してきているので、なぜ初めてスリに遭ったのがこの街なんだろう…って感じなんですが、その油断が原因でしょうね。
2万円と2時間は勉強代にしては安かったと思えます。(同行者には本当に申し訳なかったけど!)
皆さんもウラジオストクに限らず、旅行中は気を緩めすぎないように気をつけましょう。笑

#4につづく 

www.oukakreuz.com